スタッフ日記

三十三間堂の通し矢

2013.01.11



今週、1月13日、京都の三十三間堂にて「通し矢」が行われます。

新社会人の女子が振袖で弓を放つ艶やかな姿が、よく取り上げられてますよね。

男子もやっているのですが、女子の弓道姿の方が見栄えが良いと思うのは個人的な価値観のせいでしょうか・・・。(笑)

もともとは、お堂西縁の南端から120メートルの距離を弓で射通し、その矢数を競ったもの競技のようです。

1日中、弓を打ち続ける、 かなりハードな競技だったようで、侍の行事だったんでしょうね。

また、この日は三十三間堂の拝観料は無料です。

千体千手観音像も千手観音坐像も見ることができます!!

場所:蓮華王院 三十三間堂 
住所:京都市東山区三十三間堂廻町657
TEL:075-561-0467
拝観料:この日に限り無料
時間:9:00~16:00 (15:30 受付終了)

The Tōshiya (Passing arrow) is held in Kyoto this week. The figure in which a woman shoots a bow in a kimono figure is very beautiful.

The Tōshiya or the arrows which hit the target, was an archery exhibition contest held on the west veranda of Sanjūsangen-dō temple in Kyoto, Japan.

In 1861, after 255 years, the Tōshiya ceased being held, but a contest based on the Tōshiya called Oh-mato Taikai, or Festival of the Great Target still continues today, drawing roughly 2,000 participants from throughout Japan. Archers shoot arrows into targets approximately 50 - 100 centimeters in diameter and 60 meters (198 feet) away at the opposite end of the veranda. It is held on the second Sunday of January in conjunction with the temple's most important mass, the Yanagi-no-Okaji, or Rite of the Willow ritual and Japan's Coming of Age Day.

Place: Sanjūsangen-dō temple
Tel: 075-561-0467
Date: 1/13/2013
Time: 9:00-16:00

ご宿泊日

から
まで
  • ご宿泊人数
  • /室
  • 部屋数
宿泊プラン別 部屋タイプ別
価格順に検索