スタッフ日記

京都三大祭!

2015.05.07

諸外国の事はよく知りませんが、日本人は「三大○○」というのが好きだなとよく思います。

wikipediaで「日本三大一覧」というページを見つけた時は軽く衝撃でした。

さて、今回は京都の三大祭の一つで、5月15日に執り行われる葵祭のご紹介です。ちなみにその他2つは時代祭と祇園祭ですね。



観光協会のHPに詳しく紹介されていますが、祭の期限は1400年以上前にさかのぼります。欽明天皇の時代、国内は天候不順で凶作に見舞われ、困り果てておりました。「こらあかん!何とかせなやばいわ。シャレにならん!」という事で国を挙げて祭を執り行いました。するとみるみる天候も回復し、危機的状況を脱したそうです。その後時代の流れや戦乱の影響で祭が途絶えたこともありますが、現在までその歴史や伝統は受け継がれています。名前の由来ですが、もともとは賀茂祭と呼ばれていましたが、江戸時代に祭が復活した際に、建物から人、牛車から装飾品に至るまであらゆるところに葵の葉をあしらったことからそう呼ばれるようになったとの事です。



今年の葵祭の行列は下記の通りとなっています。

京都御所 出発(午前10時30分)堺町御門 → 丸太町通 → 河原町通 → 下鴨神社到着(11:40)社頭の義・出発(14:20)→下鴨本通 → 洛北高校前(14:40) → 北大路通 → 北大路橋(14:55) → 賀茂川堤 →上賀茂神社到着(15:30)



何度見ても優雅かつ荘厳なこの行列は、その周囲の空気を平安の世にまで遡らせてくれるような、不思議な雰囲気に満ちています。一見どころか百見の価値ありです!皆様もぜひ足を運んでみてください!



京都市観光協会 葵祭HP

http://www.kyokanko.or.jp/aoi/



全く関係ありませんが、以前バスに乗っていると、後ろの高校生がこんな話をしていました。

A「世界三大美女って誰やっけ?」

B「クレオパトラと楊貴妃と…あー、ここまで出てんねん!」

C「…夏目雅子?」



思わず吹き出しそうになりましたが、その年で夏目雅子を知っていることにむしろ感心しました。

やはり伝統と歴史、温故知新に生きる京都の高校生は一味違います!


WEB会員のお客様へ

宿泊予約システムの変更に伴い、2017年12月11日までのweb会員登録情報をご利用のお客様は、お手数ですが新たに会員登録をしていただきますようお願い申し上げます。

ご宿泊日

から
まで
  • ご宿泊人数
  • /室
  • 部屋数
宿泊プラン別 部屋タイプ別
価格順に検索

2017年12月11日以前にご予約された、ご予約の確認・変更・取り消しはホテルにお電話下さい